Youtube・ニコニコ動画

荒野行動のCMの”あの男”が嫌われる理由と中毒性の正体【俺を倒したい?じゃあ荒野行動やろうよ】】

 『荒野行動』ご存知でしょうか。公称「世界2億ダウンロード」で、スマホゲームをする人なら8・9割が存在を知ってるモンスターアプリ。元になったゲームより売れてるという、とんでもない作品です。(元のゲーム会社から訴えられてます)

 そんなパク野行動ですが、広告(CM)の打ち出し方がひどい。ほんとにひどい。とにかくむちゃくちゃ。褒めるところはあるのですが、全体的にかなり雑。

 「うざい」「嫌い」といった否定的なコメントを多くみかけるも、思いのほか中毒性の高さがあるのが荒野行動のCM。

 もはや荒野行動のCMの中心人物となったあの男「田中ユウト(役名)」と共にあのCMがいかにして市民権を獲得したか(してない)を少し考察してみようと思う次第です。
【なんで?】”21歳、拳で抵抗する男”から学べる5つのこと【もちろんおれらは抵抗するで?】ブームってのは再熱する。 一時期ハマったものは、ループして後からまたハマったりする。いわゆる「マイブームの再熱」。 自分にも...

イライラする理由 キーパーソン”あの男”

「俺を倒したい?じゃあ荒野行動しようよ」

Youtube、Twitterの広告で急に出てくるこの男。

のっけからこう煽るのです。

「俺を倒したい?じゃぁ荒野行動やろうよ。」

出展・引用:荒野行動プロモーションCM

「・・・だれだこれ?」

 まず言えるのは、「あんた誰だ」ということ。大多数の人がここで、「うざい」で離脱です。

 

大勢がイライラするポイント

まず誰か分からない。

 菅田将暉や、山崎賢人が言うならわかりますよ。「菅田将暉?倒せるならそりゃ倒したい!」となりますよ。勝てるなら彼らに勝ちたいですよ。勝てるなら。

 しかし彼はまだ名の通ってない俳優なので、誰かわからない。見ず知らずの他人を倒したいと思うほど、血の気は多くない。それでも凛とし堂々とした態度で、こちらを見下げながら「俺を倒したい?」と煽ってくる。

 まるで「”おれ”で通じるだろ」と言わんばかりの表情。もっかい言いますよ。だれ?

大勢がイライラするポイント

”おれ”でまったくもって通じない 

 自分が何者かであるかのような口ぶりで、そして「倒したい?」の一言。良くも悪くもインパクトの強さが際立つ伝説の幕開けなのでした。

「俺を倒したい男」便宜上、この記事では「オレオ」とたまに呼びます。「オレオ」と言葉が出てきたらこの俳優だとおもってください。使うかどうかは保証しません。

「俺を倒したい?」から伺える彼の嫌われっぷり

 開始1秒で臨戦状態に入るこの男。

「俺を倒したい?」

 このあまりの情報の少なさから繰り出される鋭い煽り。この切れ味は一体。彼は果たしてなにものなのか。

 与えられたヒントは「俺を倒したい?」の一言。

 ここから推測できる一つが、彼は「普段から反感を買う人間」だということ。それも日常的に。平たくいえば、この男は嫌われてる。「倒したい」と思わせる”なにか”を日常的に振りまいてると予想できる。

大勢がイライラするポイント

どうにも嫌われ者っぽい

 嫌われ者に対して、イライラするのは怖い風潮。

 

たった一言で、自分に有利なシチュエーションを作り出すスキル

 「でもおれを倒したいなら、おれの土俵に来いよ」と言わんばかりの「じゃぁ荒野行動やろうよ。」のセリフ。

出展・引用:荒野行動プロモーションCM

 ”どうやら彼を倒すには「荒野行動」をするほかない”と選択肢を狭めてくる。

大勢がイライラするポイント

自分勝手

 おそらく彼に「じゃんけん」で勝ったところで、倒したことにはならない。じゃんけんで勝ったとしても、「へぇ、やるじゃん。じゃぁ荒野荒野やろうよ」とドヤ顔をかまされ、話をすり替えられ、勝敗をウヤムヤにされるのが関の山。

大勢がイライラするポイント

知らない人から受ける大仰な態度と”ドヤ顔”

 彼の土俵で倒さないと、勝ちにカウントされない。あのドヤ顔がそれを明白にしてる。冒頭のたった一言で、彼の有利なシチュエーションが完成してる。とんでもない男。自分のフィールドを秒でつくる才。

嫌われてるにせよ、結局知らない人だから倒したいと思わない

 
 ただですね、彼が日常で嫌われ、日頃「倒したい」と思われてるとしても、チンプンカンプン。だってその前提を知らないから。みてる人らからすれば、倒したいと思う要素がないわけですよ。

 見ず知らずの人間を、「倒してぇ!こいつ倒してぇ!」と思うことは滅多にない。誰彼構わず、そんな風に殺気立ってるのは、たぶん亀田興毅くらいだと思う。もし知らない人を見て、「あぁこいつ、倒してぇ!!」とよく思うなら、あなたは亀田興毅のそのたぐいかもしれない。

大勢がイライラするポイント

we are not 亀田興毅


 あたかも自分を大物と勘違いし、「倒したい?」と言う始末。不特定多数を煽れるこの自意識の高さ。

 「おまえうざい、倒したい。」と日常的に言われてるのが伺える。そして「じゃぁ荒野行動やろうよ」と誘うわけだ。なんてこった。ゲームを気楽に誘ってくれる近所の兄ちゃん感も出てきた。いわゆる地元最強感が彼からほとばしってる。

大勢がイライラするポイント

醸し出されるマイルドヤンキー感

「俺を倒したい?」「じゃぁ荒野行動やろうよ」「めっちゃいるじゃん」「でも全員倒すから」の火力の高さ

イライラするであろうポイントはこの辺にして、このCMの中毒性について考える。

 この伝説のCMは冒頭だけでお腹いっぱいになれる。

 キラーフレーズ「おれを倒したい?」から「じゃぁ荒野行動やろうよ」の2コンボ。次いで「めっちゃいるじゃん」で3コンボ。

そして

「全員倒すから(ドヤ顔)」

のダメ押し。もうダメ4コンボ、KO。一発一発の威力が高すぎてたった4発でKO負け。尋常ではない火力を叩き出す。格下にも容赦はない。

「めっちゃいんじゃーん」の汎用性の高さ

出展・引用:荒野行動プロモーションCM

 妙にくせになる「めっちゃいんじゃーん」の言い方。一度きけばわかると思うのですが、ほんとに耳に残る。ねっとりネバネバな言い方が、ハマる。ひとたび口から発すれば、ねるねるねるねが口の中で錬成されんじゃないかと思うくらい、ねっばねば。

 この「めっちゃいるじゃん」の使いやすさが半端じゃない。

日常で使える場面
  • 人混みを歩いてるとき
  • 満席のレストランをみかけたとき
  • フォートナイトの50vs50をしてるとき
  • 注文した料理の量が思ったより多かったとき
  • なにかイベントにいったとき
  • 帰り道に偶然祭りに遭遇してしまったとき
  • コチュジャン
  • トウバンジャン

めっちゃ(使える場面)あんじゃ〜ん

 とにかく日常的に使える場面が多い。とりあえず人がいれば使える。

 嘘でもネタでもなく、毎日「めっちゃいんじゃん」と自分は口走ってしまってる。発言するたびに、頭の悪さが露呈しまくってる。「何いってんのこいつ」の目を向けられる。助けて。

謎の中毒性の正体

○○じゃ〜んが使いやすい

出展・引用:荒野行動プロモーションCM

 さらに「めっちゃいんじゃん」からうっかり「全員倒すから」なんてもんが口に突いた時には、奇妙な目を向けられるか無視される。8割は無視で、みな無慈悲。どれだけネットや自分の中でネタになろうと、現実世界で通じるほど、そこまで話題になってないのだ。

◯◯じゃ〜ん と派生させれば使い方は無限

 めっちゃいんじゃーんを、「めっちゃ◯◯じゃーん」にすれば、あらゆる状況で使用可能。ほんとに無限に使える。

派生させ、使える場面
  • 料理をよく食べる子を見たとき 「めっちゃたべんじゃーん」
  • スポドリをがぶ飲みしてるのをみたとき 「めっちゃのむじゃーん」
  • 街でなぜかすごい勢いで走ってる人をみて「めっちゃ走るじゃーん」
  • 急に豪雨にみまわれたとき「めっちゃふんじゃーん」
  • やたらスマホをチラチラする人がいるとき「めっちゃみんじゃーん」

なんてウザさ。口にだして、音にすればさらに鬱陶しいのに、文字だけですでにめちゃんこにやかましい。このフレーズ、強すぎる。めっちゃ◯◯じゃん亜種。

 彼のせいで○○じゃ〜んの文字列をみると無条件で彼の音声が再生されてしまうようになった。最悪じゃ〜ん。でも全員(以下略

謎の中毒性の正体

○○じゃ〜んが使いやすい(強調の二度目)

数少ない褒めポイント「男のうざさ」と「演技力」

 ただ、褒めたいというか、好きなポイントがありまして、「この男性が出てくるCM」はもう面白く見えちゃうんですよ。さきほども書いたのだけど、ある時を境に酷使されるわけです。オレオが。今も荒野行動のCMを追ってる方ならわかるかと思いますが、ほとんどのCMが彼(田中ユウト)主役です。

「俺を倒したい?」の鮮烈な見下しスタイルデビューから、サラリーマン編で意外と物腰が低いことが明かされる。ギャップですよギャップ。彼だけキャラが立ちすぎてる。

 彼が出るだけで、広告を見る敷居がどっと下がる。「お、また出てるじゃーん」となるわけです。「でも、全部見るから」と言いながら。

出展・引用:荒野行動プロモーションCM

またこの画像使うじゃ〜ん。

相対的に彼の演技がよく見える

 他の人の演技があまりにも大根すぎて、この男性の演技が一番上手く見える。もしかしたら全然上手くないのかもしれないんですけど。絶対値は置いといて、相対的にこの人が一番上手く見えてしまう。ほんとに。

なぜか憎めない理由の正体

案外演技が上手い

楽しそうにゲームしてる

 最初こそ「なんだこの男は・・・」と驚嘆するものの、気がつけば楽しそうにゲームしてる姿に目がいく。(ハメコミっぽいので、おそらくリアルタイムでゲームしてるわけじゃないとは思うのですが)

 その楽しそうな姿と、絶妙なあの「うざさ」が融合して、なんかバランスのよいキャラクターとして確立されちゃってるんですよね。うざいうざいも好きのうち、とはこの男を指す言葉かもしれない。

 悔しいんですが、この男性俳優が出てるCMは全てみてしまってる。むしろ待ってる。プロモーションがTwitterに流れてくるたび毎回ハートマークをつけてファボしてる。そして「俺を倒したい?じゃぁ・・・」と部屋で一人、口走るわけです。

なぜか憎めない理由の正体

純粋に楽しんでいて、いい人そう


むすびに

出展・引用:荒野行動プロモーションCM

 「TikTok」しかり、「荒野行動」しかり、マッチング系アプリ系しかり。スマホのPR広告って「うざい」に特化してるのが多いんですよね。とにかく感情を抱かせるという手法。それが負の感情であろうと、正の感情であろうと。「とりあえず話題になったもん勝ち」な戦法が目に余る。

「なんやねんこれ」とツッコミをさせつつ、ダウンロードさせる。「2億ダウンロードだし、とりあえず面白いんだろう。無料だし。」とウェブと口コミでさらに広がる。ある意味戦略勝ちなんですが、「うざさ」に焦点置きすぎなCMの多いこと多いこと。
 

とにかく自分はもう「めっちゃいんじゃん」「全員倒すから」を使わない日が滅多にありません。言われた相手はいつも困ってます。本当にすみません。困ったら自分を倒してください。俺を倒したい?じゃぁPUBGやろうよ。フォートナイトでも。

それではまた。 

モチベーションを上げたい時に読んでほしいマンガ5選【やる気スイッチ】「やる気ができない」 「やる気がでない」 「仕事いきたくない」 「なにをして生きていいかわからない」 『僕は悪くない』 そ...
【なんで?】”21歳、拳で抵抗する男”から学べる5つのこと【もちろんおれらは抵抗するで?】ブームってのは再熱する。 一時期ハマったものは、ループして後からまたハマったりする。いわゆる「マイブームの再熱」。 自分にも...
Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況

Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況

無料posted withアプリーチ

誰でも”Vtuber気分”で気軽に配信
Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況

Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況

無料posted withアプリーチ

関連カテゴリーの記事